<< 小松の出会いを話しているのですか? | top | 小松の出会いでロマンスと喜びがある >>

小松の出会いを次々に手渡す

小松の出会いは若い年齢の中からたくさんのものを持っていました。

柴田良太郎の30巻。

時代のドラマから外国の作家など。


小松の出会いはそれを私の上司に貸したいと言われ、それを次々に手渡すなら戻ってこなかった。

それは真ん中が欠けていた完全なコレクションだった。

ある時点で、上司は亡くなり、起床に行きました。

部屋の本棚に私の本がありました。

小松出会い

彼は私を大切にしていた。

ゆっくりと読書を続ける

私の上司の楽しい生活を助けたので、私の仕事が欠けていると思うことに決めました。

 

小松の出会いは本を貸していませんでしたが、
あげました。

楽しい人生は何ですか?

「興奮の扉」

と言われている。


感銘を受けたように、文学、映画、音楽、遊びなどの芸術に加えて、

akitakomatu | 小松 | 17:11 | comments(0) | - |
Comment










11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--